畑岡1位突破「最後は耐えた」 横峯は45位 

[ 2017年12月4日 07:04 ]

米女子ゴルフ最終予選会最終ラウンド、通算12アンダーで1位となった畑岡奈紗
Photo By 共同

 米女子ゴルフツアーの来季出場資格を争う最終予選会は3日、米フロリダ州デイトナビーチのLPGAインターナショナル(パー72)で最終ラウンドが行われ、18歳の畑岡奈紗は2バーディー、1ボギーの71で回って通算12アンダー、348で1位となった。14位だった昨年に続く予選会突破。

 71だった横峯さくらは通算2オーバーの45位、78と崩れた宮里美香は7オーバーの68位で、来季ツアーの大半に出場可能となる上位20人に入れなかった。

 ▼畑岡奈紗の話 伸び悩んだが、最後は耐えて(2位と)1打差で1位通過ができてうれしい。集中力を切らさずに自分のプレーに徹することを心掛けた。来年は優勝が目標。

▼横峯さくらの話 今日がショットもパットも一番良かったのに1アンダーだったのですごく残念。ストレスがたまる1週間だった。来年はどうなるか分からないが、自分のベストを尽くしたい。

 ▼宮里美香の話 5日間でアンダーパーは1日だけなのでこの結果になった。いいプレーができなくて気持ちが空回りした。来年はまだ分からないが、日本に戻ってプレーすることを考えている。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年12月4日のニュース