松山5位「後半は苦しい流れ」 復帰戦のウッズは9位

[ 2017年12月4日 08:21 ]

米男子ゴルフ ヒーロー・ワールドチャレンジ最終R ( 2017年12月3日    ナッソー アルバニー・バハマ(パー72) )

ヒーロー・ワールド最終R、17番でバンカーショットを放つ松山英樹。通算11アンダーで5位
Photo By 共同

 米男子ゴルフの慈善大会、ヒーロー・ワールドチャレンジは3日、ナッソーのアルバニー・バハマ(パー72)で最終ラウンドが行われ、前回覇者の松山英樹は68で回り通算11アンダー、277で5位だった。2月以来の実戦だったタイガー・ウッズ(米国)は8アンダーの9位。

 61をマークしたリッキー・ファウラー(米国)が通算18アンダーで逆転優勝した。大会は世界ランキングの上位選手ら18人が参加した。

 ▼松山英樹の話 後半になってティーショットがうまく打てなくなって苦しい流れだった。初日、2日は本当にいいパッティングができたけど、なかなか持続させることができないのが課題。(来年は)少しずつステップアップできればいいと思う。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年12月4日のニュース