ジョージ・ワシントン大が4勝目 渡辺は17得点と6リバウンド

[ 2017年12月4日 13:49 ]

 全米大学男子バスケットボールのジョージ・ワシントン大は3日、テンプル大を71―67(前半40―25)で退けて4勝4敗。3連敗のあとは白星を2つ並べた。

 渡辺雄太(4年)は37分出場して17得点、6リバウンド、2ブロックショット、2スティールをマークして勝利に貢献。フィールドゴール(FG)は10本中6本、3点シュートは4本中2本成功させた。

 渡辺の2ケタ得点は今季8試合で6回目。ジョージ・ワシントン大は6日にアイビーリーグ所属のプリンストン大(2勝5敗)と対戦する。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2017年12月4日のニュース