宮里優作が全米OP出発 妹・藍にエール「僕も見に行きたかった」

[ 2017年6月11日 11:53 ]

全米オープン出場に向けて成田空港から出国した宮里優作
Photo By スポニチ

 米男子ゴルフのメジャー第2戦、全米オープン(15日開幕、米ウィスコンシン州)に挑む宮里優作(36=フリー)が11日、成田空港から出国した。コースは映像で確認し「見た感じだと風が強そう。タフな一週間になりそうですね」と印象を語った。

 昨年は日本勢トップの23位で4日間を終え、2年連続2度目の出場となる。「(昨年は)ベスト10まで手が届きそうなところでやれてましたし、昨年の成績は上回りたい。日本の選手もみんな調子が良いと思うので、日本ツアーの選手が上位に行けるといいなと思います」と目標を掲げた。

 今季限りでの引退を表明した妹・藍(31=サントリー)が出場しているサントリー・レディースは「予選がどうなるか注目していた」と話し、連日記録が更新されるギャラリー数の多さに「僕も見に行きたかったですもん」と驚いた様子だった。「本人は優勝争いに絡んで良いところを見せたかったと思うけど、ホステスプロの難しさというのは結構ある。逆に(重圧を)軽くして回してあげたいんですけど、そうも行かない。逆に良いモチベーションに繋がってくれればいいんですけどね」と優しい兄の顔で妹にエールを送った。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年6月11日のニュース