稀勢、後援会の激励会で再起誓う「完全復活目指し頑張る」

[ 2017年6月11日 05:30 ]

郷土後援会総会・激励会に参加した稀勢の里(左)は両親に花束をプレゼント
Photo By スポニチ

 左上腕付近の負傷で夏場所を途中休場した横綱・稀勢の里(田子ノ浦部屋)が茨城県牛久市での郷土後援会総会・激励会に出席。名古屋場所に向け「完全復活を目指して頑張る」と再起を誓った。

 04年から毎年開催されている激励会は昨年初めて参加者が200人を超え今年は約500人となった。郷土後援会の会員も7日現在で2017人(7日現在)に急増。「後援会の支えがあって今の自分がある。優勝2回では恩返しできていない。優勝回数を伸ばしたい」と決意を示した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年6月11日のニュース