【宮里優氏 父のアイ】太極拳スイング ゆったりテンポ思い出す

[ 2017年6月11日 07:50 ]

子供にサインする宮里藍をスマホで撮る父親の優さん
Photo By スポニチ

 前日同様アイアンショットでスイングのテンポが速くなりタイミングが合わずにフィニッシュで手を放す場面が何度かありました。ドライバーショットのテンポは悪くありません。体もよく動いていて距離も飛んでいました。しかしフェアウエーからのショットは打ち急いでいました。

 修正するためラウンド後には太極拳のように1分以上かけてゆっくりとスイングする素振りを行いました。スイングが分からなくなった時にやる練習で、ゆったりとしたテンポを思い出すのに役立つはずです。あとは自分の中でどれだけ消化できるかです。

 ゴルフの内容はもうひとつでしたが、多くのギャラリーと過ごせて藍にとっては幸せな一日だったと思います。

 「藍ちゃん、ありがとう」という声を何度も聞いて私自身も胸が熱くなりました。「ありがとう」という言葉に藍と観客の皆さんとのつながりを見たような気がして感動しました。最終日は思い切りプレーして悔いのない一日を過ごしてほしいと思います。 (ティーチングプロ)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年6月11日のニュース