岩田、4戦連続予選落ち 6オーバーで通過ライン程遠く

[ 2017年6月11日 05:30 ]

米男子ゴルフツアー フェデックス・セントジュード・クラシック第2日 ( 2017年6月9日    米テネシー州メンフィス TPCサウスウインド=7244ヤード、パー70 )

 第2ラウンドが行われ、岩田寛(36=フリー)は5バーディー、4ボギーの69とスコアを伸ばしたが、通算6オーバーの146として132位で予選落ちした。セバスチャン・ムニョス(24=コロンビア)とシャール・シュワーツェル(32=南アフリカ)、65で回ったチェズ・リービー(33=米国)が通算9アンダーで首位に並んだ。

 岩田は6オーバーの132位で米ツアー4戦連続予選落ちを喫した。アウトの1番では131ヤードから、2番では124ヤードからそれぞれ2メートルに寄せ連続バーディーでスタート。パーオン率は44・44%とわずかに向上して5バーディー、4ボギーの69とスコアを1つ伸ばしたが予選通過ラインには遠く、昨年11月のRSMクラシック以来の決勝ラウンド進出とはならなかった。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年6月11日のニュース