ソフトバンク艇は決勝進出ならず アメリカズ杯挑戦艇決定戦

[ 2017年6月11日 05:30 ]

アメリカズカップ挑戦艇決定戦準決勝のソフトバンク・チーム・ジャパン艇(左)
Photo By 共同

 世界最高峰のヨットレース、第35回アメリカズカップの挑戦艇決定戦は9日、英領バミューダのハミルトンで5戦先勝の準決勝が行われ、日本のソフトバンク・チーム・ジャパンはアルテミス・レーシング(スウェーデン)に敗れ、通算3勝5敗で敗退した。日本勢として17年ぶりの参戦で初の決勝進出は果たせなかった。

 リードを奪いながらスピードのある相手を抑え切れず、逆転負け。結成2年で挑んだソフトバンク・チーム・ジャパンの挑戦は幕を閉じた。前回までニュージーランドのチームを率いたディーン・バーカー艇長ら即戦力をスカウトし短期間で強化したが、スタッフの総数は50人強とライバルの半分ほどで戦力差は歴然。次回もソフトバンクの支援が継続されるかは不透明だが、早福和彦総監督は「蓄積した経験を次に反映させることが大事」と、チーム存続に力を注ぐ意向を示した。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2017年6月11日のニュース