豪レッズ 五郎丸獲得の意思と報道、入団前向きと関係者

[ 2015年10月24日 22:54 ]

 ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会で活躍した日本代表のFB五郎丸歩(ヤマハ発動機)について、世界最高峰リーグ「スーパーラグビー」のレッズ(オーストラリア)が獲得の意思を持っていることが24日、分かった。地元メディアが報じた。

 関係者によると、五郎丸は入団に前向きな意向を持っているという。今後ヤマハ発動機と話し合いを進めるとみられる。

 五郎丸は同日、プロ野球日本シリーズ第1戦で始球式を務めた後「僕のところには(レッズから)接触はない。何とも言えない」と明言を避けた。関係者によると、海外のチームでプレーした経験がなく、新たな挑戦に強い関心を示している。

 スーパーラグビーは2016年から、日本の「サンウルブズ」など3チームが新規参入し18チームで争われる。サンウルブズは代表選手を軸にした編成になる予定だが、五郎丸がレッズに入った場合、サンウルブズには参加しないことになる。

 ブリスベンが拠点のレッズは11年に優勝し、15年は13位。選手の退団で、バックスの補強が急務となっている。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年10月24日のニュース