五郎丸 地元・福岡県庁訪問、著書贈呈式に1500人来た

[ 2015年10月24日 05:30 ]

福岡県の小川知事(左)に自著を渡すラグビー日本代表FB五郎丸

 ラグビーのW杯イングランド大会で活躍した日本代表FB五郎丸が、出身地の福岡県庁を訪れ、自著「不動の魂」400冊を寄贈した。県内の中学校や高校に配布される予定で、五郎丸は「夢を持ち続ける大切さを感じてほしい」と語った。

 W杯後初めてとなる帰郷で、県庁のロビーで開かれた贈呈式には県職員のほか、ファンら約1500人が詰めかけた。今後については「ラグビーの歴史を変えることができた。日本ラグビーを引っ張り、次のW杯をいい大会にしたい」と抱負を口にした。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年10月24日のニュース