葵 前半単独首位も後半欲出た「悔しいゴルフ」も充実感

[ 2015年10月24日 05:30 ]

マスターズGCレディース第2日、10番でティーショットを放つ大西葵

女子ゴルフツアー NOBUTA GROUP マスターズGCレディース第2日

(10月23日 兵庫県三木市 マスターズGC=6543ヤード、パー72)
 プロ2年目の大西が自身初の首位浮上を果たした。インから出て前半は15番からの3連続を含む4バーディーを奪って単独首位に立った。「単独1位のまま行きたい」と欲が出た後半はショットが乱れて2ボギーと失速。「前半は上出来過ぎ。後半は悔しいゴルフ」と唇をかんだものの、表情には充実感がにじんでいた。

 自己最高の2位発進した前夜は仲の良い青木瀬令奈やキャディーらと宿舎近くの居酒屋で食事しながらビール2杯でささやかな祝杯を挙げた。決勝ラウンドに向けて「あしたからしびれると思う。緊張もするけど、楽しみの方が大きい」と初体験となる優勝争いに胸を躍らせていた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年10月24日のニュース