南ア対NZ、24日準決勝 トライ新記録へ注目WTB対決

[ 2015年10月24日 06:35 ]

南アフリカWTBハバナ(AP)

 ラグビーW杯イングランド大会は24日に準決勝の南アフリカ―ニュージーランド(NZ)が行われる。

 ともに史上最多3度目の優勝を狙う両雄の対戦成績はNZの52勝35敗3分けで、W杯では南アフリカの2勝1敗。初戦で日本に敗れた後、手堅いスタイルを貫いてきた南アのマイヤー監督は「史上最強のチームに勝つには、ベストパフォーマンスを発揮しないといけない」と語り、優位とされるNZのハンセン監督も「彼らは死ぬ気で来るだろう」と警戒した。

 注目は南ア・ハバナ、NZ・サベアのWTB対決。ハバナは元NZ代表WTBロムーに並ぶW杯通算15トライを記録しており、あと1つで歴代単独1位。サベアは今大会で99年大会のロムー、07年大会のハバナに並ぶ8トライを挙げており、こちらも新記録に王手をかけている。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年10月24日のニュース