“神戸女子”琴音もトップ、自宅あるホームで一気の浮上

[ 2015年10月24日 05:30 ]

マスターズGCレディース第2日、1番でティーショットを放つ堀琴音。69で首位に浮上した

女子ゴルフツアー NOBUTA GROUP マスターズGCレディース第2日

(10月23日 兵庫県三木市 マスターズGC=6543ヤード、パー72)
 高校時代を過ごし、現在も自宅を構える兵庫で、堀琴が輝きを放った。8月のmeijiカップ初日以来となる首位に立ち、「きょうは危なげないゴルフができた。とにかくパッティングが入ってくれた」と笑顔を見せた。

 2番でボギーが先行したが、3番で1・5メートルを沈めてすぐにスコアを戻した。パットが好調ゆえに1・5メートル前後の際どいパーパットも「ストレスなく沈めることができた」とリズムが良くなり、7番は右から8メートル、最終18番でも10メートルのバーディーパットをねじ込んだ。

 最近は生命線のパターでショートが続いており、調子を取り戻すべく試行錯誤を繰り返した。すると、2週前のスタンレー・レディースで予選落ちした後の練習で「インパクトで緩まなければいいんじゃないか」と気づき、今週はショートパットを打つ時に「緩まない」を徹底したところ、上り傾斜のきついグリーンにフィットした。

 3週前の日本女子オープンでは同期の柏原明日架が優勝争いの末、4位に入り「明日架ちゃんが頑張っているのは刺激になる」という。この日も、ホールアウト後には柏原のスコアを真っ先にチェック。仲間の存在がモチベーションになっている。

 今週は神戸市内の自宅から通勤しており、リラックスした時間を過ごせているのも好調の理由の一つ。ツアー2勝の姉・奈津佳に続いて優勝を飾れば、史上初の姉妹優勝という快挙達成となる。「今季立てた目標は優勝。無我夢中で1つでもスコアを伸ばしたい」。首位と3打差以内に16人がひしめく大混戦を、19歳の美人プロが制してみせる。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年10月24日のニュース