別府2位、新城は6位 さいたまクリテリウム

[ 2015年10月24日 19:10 ]

 自転車ロードレースの国際大会ツール・ド・フランスさいたまクリテリウムが24日、さいたま新都心駅周辺特設コースで行われ、メーンレース(62キロ)は別府史之(トレック・ファクトリーレーシング)が2位だった。

 新城幸也(ヨーロッパカー)は6位。ことしのツール・ド・フランス覇者のクリストファー・フルーム(英国)は3位。ジョン・デゲンコルブ(ドイツ)が優勝した。

 個人タイムトライアル(3・1キロ)は中根英登(愛三工業)が制した。

 今大会は3度目の開催で、市街地の1周約3・1キロの周回コースで争われた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年10月24日のニュース