アルム粘った、ダボ直後にバーディー締め 家族が後押し

[ 2015年10月24日 05:30 ]

マスターズGCレディース第2日、6アンダーでトップタイに立った、黄アルムの1番ティーショット

女子ゴルフツアー NOBUTA GROUP マスターズGCレディース第2日

(10月23日 兵庫県三木市 マスターズGC=6543ヤード、パー72)
 日韓台が入り乱れる首位争いに黄アルムも加わった。18番は3メートルのスライスラインを沈めバーディー締め。17番でダブルボギーを叩いた嫌な流れを払拭(ふっしょく)して68。今週は家族の応援がプレーを後押し。「久しぶりに妹が来てくれている。来てくれると心を楽にしてくれて、いつも成績がいい」。日本参戦9年目の中堅韓国選手は優勝をさらい賞金ランク46位のシード争いから抜け出す。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年10月24日のニュース