ブルズ、ローズがプレシーズン最終戦で骨折から復帰、8得点

[ 2015年10月24日 14:31 ]

フェースマスクをつけてプレーしたブルズのローズ(AP)

 NBAは23日にプレシーズン・ゲームの全日程を終了。キャンプ初日の9月29日に左眼窩(がんか)底を骨折して手術を受けたブルズのデリック・ローズ(27)は最終戦となったマーベリクス戦で戦列に復帰し、10分間の出場で8得点を挙げた。

 ブルズは27日の開幕戦でレブロン・ジェームズ(30)のいるキャバリアーズと対戦。10年シーズンにMVPとなっている大黒柱のローズがどの程度プレーできるかが注目されるところだ。試合は103―102(前半49―53)でブルズが勝って4勝4敗。マーベリクスは全30チームの中で唯一白星がなく、7戦全敗で開幕戦(28日=対サンズ)を迎えることになった。

 ティンバーウルブスは112―108(前半56―53)でバックスに競り勝って2勝5敗。昨季の新人王、アンドリュー・ウィギンス(20)が24得点を挙げれば、今ドラフト全体トップで指名したセンターのカールアンソニー・タウンズ(19)が31分の出場で18得点12リバウンドを稼いで勝利に貢献した。タウンズはプレシーズン7試合にすべて出場し、平均23分のプレータイムで11・7得点、7・4リバウンドをマーク。トップ指名選手らしい成績を残して本番を迎えることになった。バックスは2勝4敗。しかし若手の台頭が顕著で、所属の東地区セントラルでは優勝戦線に食い込んでくるだろう。

 プレシーズンではホーネッツ(7勝1敗)、グリズリーズ(5勝1敗)、キングス(5勝1敗)が好調。昨季のファイナルに進出したウォリアーズは3勝4敗、キャバリアーズは1勝6敗とあまりいい成績は残せなかった。なお開幕日となる27日(日本時間28日)には3試合が組まれていて、ホークスはピストンズ、キャバリアーズはブルズ、ウォリアーズはペリカンズと顔を合わせる。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年10月24日のニュース