石川遼 暫定27位に後退「初日とパットのリズムが少し違った」

[ 2015年10月24日 11:15 ]

 米男子ゴルフのシュライナーズホスピタル・オープンは23日、ネバダ州ラスベガスのTPCサマリン(パー71)で行われ、5位から第2ラウンドに臨んだ石川遼は3バーディー、2ボギー、1ダブルボギーの72で通算5アンダー、137の暫定27位に後退した。

 日没で14選手が第2ラウンドを終えられず、1ホールを残した岩田寛はスコアを2つ落とし通算2アンダーの暫定69位に下がった。ブレット・ステグマイアー(米国)が15ホールで通算11アンダーに伸ばし、暫定首位となった。

 ▼石川遼の話 初日と同じようにプレーしたが、パットのリズムが少し違って結果的に入らなかった。ビッグスコアを出した次の日はなかなか難しいものがある。それがゴルフの面白いところ。守りに入ったショット、パットのミスはなかったから、それは大きな収穫だと思う。(共同)

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年10月24日のニュース