代表WTB山田が古里へ 北九州市役所表敬「五輪で引っ張る」

[ 2015年10月24日 15:23 ]

 ラグビーのワールドカップ(W杯)イングランド大会に日本代表で出場した山田章仁選手(30)が24日、出身地である北九州市の市役所を訪れ、北橋健治市長に「世界の舞台で北九州を代表してプレーできた。来年のリオデジャネイロ五輪でも日本を引っ張っていきたい」と報告した。

 イングランド大会のサモア戦でトライを決め、日本の勝利に貢献した山田選手は「毎日12時間を超える練習でチームが一致団結した」と笑顔で振り返り、北橋氏は「日本ラグビー史に劇的な一ページを刻んだ」とねぎらった。

 山田選手のポジションは、足が一番速い選手が担うウイング。昨年2月、北九州市スポーツ大使に任命されている。

続きを表示

「渋野日向子」特集記事

「ラグビーワールドカップ2019日本大会」特集記事

2015年10月24日のニュース