城西大 7位で3年ぶりシード権獲得 アンカー寺田が区間賞

[ 2015年1月4日 05:30 ]

総合7位でゴールする城西大アンカー・寺田

第91回箱根駅伝

(1月3日 箱根・芦ノ湖~東京・大手町、復路5区間109・6キロ)
 復路9位スタートの城西大が7位でフィニッシュし、3年ぶりのシード権を獲得した。

 9区を終えた時点まで順位の変動はなかったものの、アンカーの寺田(4年)が区間賞となる激走。櫛部監督は、寺田について「10人の中で一番調子が悪かったけど、持っている力を信じて懸けた」と説明。ただ、チームとしては大学史上最高の6位には届かず。「最低でもシードだった。まあまあ」と合格点はつけていなかった。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年1月4日のニュース