駒大 4位から巻き返し2位も…大八木監督 青学大に脱帽

[ 2015年1月4日 05:30 ]

2位でゴールに駆け込む10区・黒川を笑顔で出迎える駒大・村山謙

第91回箱根駅伝

(1月3日 箱根・芦ノ湖~東京・大手町、復路5区間109・6キロ)
 駒大は往路4位から意地で2位に盛り返した。「復路は2位狙いだった」と大八木監督。青学大の驚異的な記録に「優勝タイムを10時間55~56分と予想していた。青学大ははるかに良いタイムで走ったので仕方ない。やられたなという感じ」と脱帽した。

 前夜はOBの藤田敦史氏(現富士通コーチ)から「馬場がフラフラになっても途切れずにたすきを運んでくれたから復路のスタートに立てる。その気持ちを忘れずに走ろう」と激励を受けた。その言葉に7区の西山が区間2位で1人抜いて2位に順位を上げたが、「もっとガンガンいかないと(優勝の)目標達成はできないのかな」と肩を落とした。

 前日の5区で低体温症になった馬場(3年)は10区のサポートに回った。前夜は点滴処置を受け「(体調は)大丈夫。今は言葉もあまり出ない。来年は4年生の分も頑張りたい」と必死で気持ちを切り替えた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年1月4日のニュース