東海大 6位で4年ぶりシード権獲得 1年が区間5位の活躍

[ 2015年1月4日 05:30 ]

東海大の8区・春日(左)が9区・高木にタスキをつなぐ

第91回箱根駅伝

(1月3日 箱根・芦ノ湖~東京・大手町、復路5区間109・6キロ)
 東海大は4年ぶりのシード権を獲得し、歓喜に沸いた。

 両角監督は11年4月の監督就任後、初のシード獲得に「こういった成果を出せて非常にうれしい」と白い歯をこぼした。8区を走った1年生の春日は区間5位と健闘。両角監督を慕って東海大に入学したという未来のエースは「今回は5強を崩せなかったが、来年はさらに上のレベルで戦いたい」と誓った。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年1月4日のニュース