日体大 危機感の15位「土台づくりをしなくては」

[ 2015年1月4日 05:30 ]

総合15位でゴールする日体大・富安

第91回箱根駅伝

(1月3日 箱根・芦ノ湖~東京・大手町、復路5区間109・6キロ)
 日体大は往路17位の出遅れが響き、総合15位に終わった。

 別府監督は「惨敗です。これが今の力」と肩を落とした。前回大会は総合3位。それ以上の結果を期して臨んだが、服部(現Honda)、矢野(現日清食品グループ)ら主力が抜けた影響はあまりにも大きかった。指揮官は「もう一度しっかりと土台づくりをしなくては」と危機感を募らせた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年1月4日のニュース