東工大生 初の箱根路も「後半は足が死んでしまった」

[ 2015年1月4日 05:30 ]

繰り上げスタートする関東学連の9区・松井(左)と拓大の9区・栩山(右)

第91回箱根駅伝

(1月3日 箱根・芦ノ湖~東京・大手町、復路5区間109・6キロ)
 関東学生連合で9区を任された松井は「早く突っ込みすぎて、後半は足が死んでしまった」と悔しさをにじませた。

 東工大生初の箱根路。沿道で同大OBの姿を何度も目にし「力が出た」と発奮した。大学では「人形劇をするロボット」の製作に取り組むなど文武両道の道を進む。少し悔しさの残る大舞台を終え、「来年も関東学生連合で走りたい」とリベンジを誓っていた。

続きを表示

この記事のフォト

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年1月4日のニュース