東海大仰星 連覇消滅…また天敵の前に涙「純粋に強かった」

[ 2015年1月4日 05:30 ]

<東海大仰星・東福岡>後半、厳しいタックルに遭う東海大仰星・山口(中央)

第94回全国高校ラグビー第5日・準々決勝 東海大仰星12―43東福岡

(1月3日 東大阪市・花園ラグビー場)
 2連覇の夢がついえた。東海大仰星(大阪第2)のフランカー西川主将は「ただただ悔しい。僕たちの思い描いていたラグビーが全然できなかった」と目を腫らした。

 序盤から完全に主導権を握られ、初得点は43点を追い掛ける後半25分という完敗だった。東福岡には昨春の選抜大会、7月の7人制大会といずれも準決勝で敗戦。連覇へ避けて通れない相手だったが、湯浅監督は「純粋に強かった」と白旗を揚げた。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年1月4日のニュース