大東大 10位でシード権死守 反省忘れず

[ 2015年1月4日 05:30 ]

大東大の9区・池田(左)からタスキを受ける10区・植木

第91回箱根駅伝

(1月3日 箱根・芦ノ湖~東京・大手町、復路5区間109・6キロ)
 大東大は2年連続の10位で、シード権を死守した。

 前回大会は法大の失速に助けられ、5年ぶりのシードを獲得。今年は「力でシードを獲ろう」をテーマに箱根に乗り込んできた。復路では9区の池田が区間7位と気を吐くなど、奈良監督は「学生たちはよく頑張ってくれた」と評価。それでも「力でシードを獲れたかと言われるとまだまだ」と反省も忘れていなかった。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年1月4日のニュース