中央学院大 踏みとどまった 8位で2年ぶりシード権獲得

[ 2015年1月4日 05:30 ]

中央学院大の8区・山本(左)が9区・山田にタスキをつなぐ

第91回箱根駅伝

(1月3日 箱根・芦ノ湖~東京・大手町、復路5区間109・6キロ)
 中央学院大が8位に入り2年ぶりのシード権を獲得した。

 往路を5位で終えたが、復路は5人中4人が区間10位以下と低迷。それでも、8区の山本(3年)が粘り強く区間8位でまとめたこともあって、最終的に順位を3つ落とすだけにとどまった。川崎監督は「よくこの順位に踏みとどまった」と健闘を称えた上で、今後に向けて「何とか現状を打破し、次は5強の一角を崩したい」と同大学最高の3位に近づくことを誓った。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年1月4日のニュース