上武大18位 1区の出遅れ響き過去最高ならず

[ 2015年1月4日 05:30 ]

総合18位でゴールする上武大・河崎

第91回箱根駅伝

(1月3日 箱根・芦ノ湖~東京・大手町、復路5区間109・6キロ)
 上武大は往路の出遅れが響き総合18位に終わった。

 1区で19位と出遅れると、低空飛行が続いた。9区で16位に順位を上げたものの最終10区は再び後退。過去最高だった5年前の14位を上回る成績を目標としていたが、花田監督は「復路の取りこぼしがなければ13位もいけた。そこがうちの弱さ」と厳しい表情。「何かを変えていかないと。ラスト5キロのトレーニングなど厳しさが必要」と来年を見据えた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年1月4日のニュース