松山 国内シード権辞退 米ツアーに事実上専念

[ 2015年1月4日 21:48 ]

 男子ゴルフの松山英樹は4日、今季の国内ツアーのシード権を辞退したことを明らかにし、事実上米ツアーに専念する意向を示した。ことし初戦となる現代自動車チャンピオンズ大会(9日開幕・米ハワイ州カパルア)への出発前に成田空港で取材に応じ「米国中心でいきたい。(国内ツアーの)メンバー登録はしない」と語った。

 米国を主戦場とした昨年はシード選手に課される5試合の出場義務を満たせず、日本ゴルフツアー機構(JGTO)に制裁金を支払った。ことしも「5試合に出られる確証がない」として登録を見送った。主催者推薦などで国内ツアーに出場することは可能。

 年末年始は地元の松山でのんびり過ごし、心身ともにリフレッシュした様子。「マスターズが(日程で)一番近いメジャー大会。そこを目標に目指していきたい」と新年の抱負を語った。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2015年1月4日のニュース