今季限りで退任 大体大・坂田監督「一つの区切り」

[ 2012年11月24日 19:24 ]

関西大学ラグビー第8日 大体大15―34立命大

(11月24日 西京極陸上競技場)
 今季限りで退任する大体大の坂田監督にとってリーグ最終戦はほろ苦い結果に終わった。選手たちは動きに精彩を欠き、5トライを許した。それでも「一つの区切り。ホッとしている。永久に(監督が)続くなら体がもたない」と穏やかに振り返った。

 他チームの結果次第では全国大学選手権の出場権をつかめる。坂田監督は「チームは一戦一戦、強くなっている。もし出場のチャンスがあるなら違ったアプローチで戦うことができる」と闘志を失っていなかった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年11月24日のニュース