藤田5打差12位後退、石川と並ぶ 黄重坤が単独トップ

[ 2012年11月24日 16:51 ]

 男子ゴルフのカシオ・ワールドオープン第3日は24日、高知県Kochi黒潮CC(7300ヤード、パー72)で行われ、5位で出た賞金ランキングトップの藤田寛之は71とスコアを一つ伸ばしたが、通算8アンダーの208で、石川遼らとともに首位から5打差の12位に順位を下げた。

 68をマークした黄重坤(韓国)が通算13アンダーで単独首位。1打差の2位に上井邦浩と金庚泰(韓国)、さらに1打差の4位に武藤俊憲と久保谷健一が続いた。

 前日首位に並んでいた宮里優作は74と崩れ、6打差の20位に後退した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年11月24日のニュース