どうした新横綱!4敗目・日馬に理事長ダメ出し「責任違う」

[ 2012年11月24日 06:00 ]

日馬富士(左)を寄り倒しで破る鶴竜

大相撲九州場所13日目

(11月23日 福岡国際センター)
 日馬富士は鶴竜に左四つの体勢から寄り倒され、まさかの3連敗。9勝4敗で優勝の可能性がなくなり「悔しいけど一番一番一生懸命やった結果。来場所に向けて体と心をつくりたい」と現実を受け止めた。

 13日目でのV逸決定に北の湖理事長(元横綱)は「横綱が3連敗しては駄目。大関と横綱は責任の違いがある。必ず千秋楽まで(優勝争いのトップに)ついていくことが大事。痛感してもらいたい」と手厳しい。新横綱も「もっと自覚して責任感を強くしたい」とバツが悪そうだった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年11月24日のニュース