鈴木3回転ミス5位もフリーには自信あり

[ 2012年11月24日 06:00 ]

ジャンプがぬけてしまうミスに演技終了後に天を仰ぐ鈴木明子

フィギュアスケート GPシリーズ第6戦NHK杯第1日

(11月23日 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ)
 連覇を狙う鈴木は5位と出遅れた。最初2連続3回転ジャンプに成功したが、「うまくやろうとして守りに入ってしまった」と続く3回転ルッツが1回転になるミス。だが、昨季の世界選手権はSP5位から3位、10月のスケートカナダもSP5位から2位で、フリーには自信を持つ。

 仙台は東北福祉大時代に過ごした第二の故郷でもあり「拍手が凄く温かかった。世話になった感謝の気持ちを持って滑りたい。今できることをすれば、結果はついてくる」と巻き返しを誓った。

 ▼9位・今井遥 他のGPシリーズと雰囲気が違って緊張した。普段は意識しないダブルアクセルで失敗してしまい、動揺した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年11月24日のニュース