遼ノーボギー「粘れた」逆転V圏とどまり3差

[ 2012年11月24日 06:00 ]

石川遼は10番ティーショットを放つ

男子ゴルフツアー カシオ・ワールドオープン第2日

(11月23日 高知県芸西村 黒潮カントリークラブ=7300ヤード、パー72)
 石川はノーボギーの69で上位をキープした。「難しいコンディションだったし、欲をかいてもしょうがない」と同じ69でも不満げだった前日とは打って変わって納得の様子だった。

 逆転優勝に向けても3打差は十分に圏内。「トップとの差は広がらずに粘れた。あと2日間でなんとか15アンダー以上を目指したい」と開幕前の目標スコアを変えることなく決勝ラウンドでバーディーラッシュを狙う。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年11月24日のニュース