流血戦で“待った”玉飛鳥「ふっと力が抜けた」

[ 2012年11月24日 06:00 ]

頭から流血しながら取り組む玉飛鳥

大相撲九州場所13日目

(11月23日 福岡国際センター)
 十両の貴ノ岩と玉飛鳥の一番は激しい流血戦?となった。立ち合いで頭がぶつかり合い、玉飛鳥の右眉の上あたりから出血。血が貴ノ岩の肩に滴り落ちた。左四つで動きが止まったところで行司が“待った”。

 2人の血を拭って再開し、右四つに巻き替えた貴ノ岩が寄り切った。玉飛鳥は「止められてふっと力が抜けた。止められる前に前に出るべきだった」と残念そう。貴ノ岩は「血が出たのはあんまり分からなかったが、勝てて良かった」と笑顔だった。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年11月24日のニュース