高橋大輔「うかうかしていられない」 17歳・羽生は「怖い存在」

[ 2012年11月24日 18:15 ]

フィギュアスケートGPシリーズ第6戦NHK杯男子フリー

(11月24日 セキスイハイムスーパーアリーナ)
 高橋は壮大な曲「道化師」に乗ってダイナミックな滑りを披露したが、逆転優勝、大会3連覇はならなかった。

 「4回転ジャンプが1本しか決まらず、後半ミスもあったので、悔しいです」としながらも、ジャンプ以外の部分では「(GP第3戦の)中国杯に比べれば、進歩できたかなと思う」と手応えを語った。

 17歳の羽生が優勝。「僕の17歳の時を考えると、雲泥の差。怖い存在だなと思います。やばいです。オリンピックは3枠しかない。うかうかしていられません」と気を引き締めていた。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「NBA」特集記事

2012年11月24日のニュース