村上無念 3年ぶり出場も右肩脱臼し棄権

[ 2012年11月24日 06:00 ]

男子SPで転倒し、右肩を押さえて顔をしかめる村上大介。この後途中棄権した

フィギュアスケート GPシリーズ第6戦NHK杯第1日

(11月23日 宮城・セキスイハイムスーパーアリーナ)
 3年ぶり出場の村上大介(21=陽進堂)はジャンプで転倒して右手をついた際に右肩を脱臼して、棄権した。

 前日の公式練習でも亜脱臼し、テーピングを施して、痛み止めを服用したが、強行出場は実らなかった。自力で関節を戻せず、リンクを下りると、救急車で病院へ直行した。

続きを表示

「羽生結弦」特集記事

「卓球」特集記事

2012年11月24日のニュース