“北島2世”17歳・山口 200平で高校新

[ 2012年1月30日 06:00 ]

高校記録をマークした、“北島2世”こと、山口観弘

競泳・東京都選手権最終日

(1月29日 東京辰巳国際水泳場)
 鹿児島・志布志高2年の山口観弘(あきひろ)が男子200メートル平泳ぎ予選にオープン参加し、自己ベストを0秒68更新する2分10秒82の高校記録をマークした。

 北島康介を指導した平井伯昌コーチの下で昨年11月から練習を積み、4月の代表選考会に備えている。“北島2世”の呼び声高い17歳は「200メートルは手応えがある。目標は2分9秒前半から8秒台。(代表争いに)割って入りたい」と五輪切符獲得を虎視眈々(たんたん)と狙っている。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年1月30日のニュース