上田 日本新で5連覇達成「気持ちいい」

[ 2012年1月30日 06:00 ]

女子100メートル自由形で日本新をマークして優勝し、ガッツポーズで喜ぶ上田春佳

 競泳の東京都選手権最終日は29日、東京辰巳国際水泳場で行われ、女子100メートル自由形で、上田春佳(23=キッコーマン)が54秒33の日本新で5連覇した。高速水着時代の09年に山口美咲(イトマンSS)が出した54秒43を0秒10更新。

 「目標は53秒台だったけれど、ベストが出るのは気持ちがいい」と喜んだ。冬場はターン後のドルフィンキックを強化。従来の2回から4回に増やし「浮き上がりで(周囲からの)波を受けなくなった」とタイムを向上させた。

 3年前は右足を負傷、2年前はぎっくり腰で冬場に泳ぎ込めないことが続いたが、今季は十分な練習ができている。ロンドン五輪の派遣標準記録は54秒07。「個人で出場権を取りたい」と意欲を見せた。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年1月30日のニュース