26歳・于静が女子史上初の36秒台

[ 2012年1月30日 10:33 ]

女子500メートルで36秒94の世界新をマークし、総合優勝を果たした中国の于静
Photo By スポニチ

スピードスケート世界スプリント選手権最終日

(1月29日 カナダ・カルガリー)
 女子500メートルで史上初の36秒台にリンクは沸き返った。26歳の于静は37秒00の世界記録を持っていたウォルフ(ドイツ)との同走で相手を置き去りにした。国際スケート連盟の統計によると中国選手が世界記録保持者となるのは初めてで「100メートルの通過が良くて、全体的にミスがなかった。すごくうれしい」と喜んだ。

 勢いそのままに1000メートルは前日世界新を出したネスビット(カナダ)に食らいつき、総合優勝もさらった。今季W杯の500メートルで4勝しているハルビン生まれのスプリンターは「ソチ冬季五輪でも金メダルを取れればいいわね」と話した。(共同)

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年1月30日のニュース