福士 9位惨敗でロンドン遠のく「エネルギー不足」

[ 2012年1月30日 06:00 ]

<大阪国際女子マラソン>9位に終わった福士加代子は舌をぺロリ

大阪国際女子マラソン

(1月29日 長居陸上競技場発着42・195キロ)
 トラックの女王がまた惨敗だ。序盤快走していた福士だが、26キロすぎで重友に離されると、後続にも次々に抜かれ2時間37分35秒の9位でゴール。19位に沈んだ08年大阪国際のリベンジはならず、マラソンでのロンドン五輪への道も断たれた。

 「25~26キロで足が重くなって何とかなるかなと思ったけど、どうしようもなかった」。今大会に向けて栄養士をつけるなど食事には気を配っていたが、「ちょっとエネルギー不足でしたかね。食事はちゃんと取っていたけど、おなかいっぱいは食べていなかったかもしれない」と振り返った。レース直後に名古屋ウィメンズでの再挑戦の意思も見せたが、永山監督は「名古屋で日本記録を出しても選ばれるかどうか分からない」とストップ。本職のトラック(5000、1万メートル)でロンドン五輪を狙うことになりそうだ。

続きを表示

この記事のフォト

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年1月30日のニュース