表彰台に遠く及ばず…小平「残念な結果」

[ 2012年1月30日 09:37 ]

スピードスケート世界スプリント選手権最終日

(1月29日 カナダ・カルガリー)
 小平は最終日もタイムが伸びず、目標だった表彰台に遠く及ばなかった。500メートルは最初のカーブの出口付近で大きくバランスを崩して減速。風邪で熱もあったそうで「2日とも思うような滑りができず、残念な結果」と悔しがった。

 500メートルで世界新記録を出した于静の滑りを見た後、バンクーバー冬季五輪金メダリストの李相花(韓国)と「練習するしかないね」と誓い合ったという。日本女子のエースは「あきらめずにやっていきたい」と前向きに話した。(共同)

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年1月30日のニュース