小塚 国体成年男子で優勝!フリーもトップ

[ 2012年1月30日 19:33 ]

成年男子で優勝した小塚崇彦のフリー

 国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会第4日は30日、岐阜県クリスタルパーク恵那スケート場などで行われ、フィギュアの成年男子は3月の世界選手権代表で、ショートプログラム(SP)首位の小塚崇彦(愛知・トヨタ自動車)がフリーでもトップとなり、合計249・82点で優勝した。

 小塚は「フリーで4回転を2度入れられたのは大きな進歩。持ち球が増えた」と満足げだった。

 視界に捉えるのは昨季の世界選手権王者、パトリック・チャン(カナダ)だ。心強い武器を手にした22歳の挑戦者は「300点台を出す化け物もいる。それを恐れることなくやりたい」と話した。

続きを表示

「大坂なおみ」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年1月30日のニュース