10位の坂本 同僚・重友を祝福「当然の結果」

[ 2012年1月30日 06:00 ]

大阪国際女子マラソン

(1月29日 長居陸上競技場発着42・195キロ)
 天満屋で重友のチームメートで、04年アテネ五輪7位の坂本は2時間39分27秒で10位に終わった。

 レース直前に風邪をひいた影響もあり、15キロで早々と脱落。「まだまだ力がないなと感じた。長い42・195キロでした」と振り返った31歳は、今後については「まだ全然考えていない」と明言しなかった。ロンドンへ前進した重友には「この結果も当然。天満屋からまた、新しい人が出てきて良かった」と話した。

 ▼高橋尚子さん (重友は)王者の走りだったし、大器と感じさせる逸材だと思う。素晴らしい新星が誕生した。

続きを表示

「NBA」特集記事

「羽生結弦」特集記事

2012年1月30日のニュース