バルサ スペイン代表DFピケと19年まで契約延長

[ 2014年5月21日 12:15 ]

19年までの契約延長で合意したバルセロナのDFピケ

 スペイン・リーガエスパニョーラのバルセロナは20日、スペイン代表DFジェラール・ピケ(27)と19年まで契約延長で合意に達したと発表した。現行の契約は15年6月までで、4年間の契約延長となる。

 今季主要タイトルを逃したバルセロナは19日、OBで元スペイン代表MFルイス・エンリケ氏(44)を新監督に迎え、退団する守護神バルデスの後釜にボルシアMG(ドイツ)からマルクアンドレ・テアシュテーゲン(22)の獲得を発表。エースFWメッシとの契約内容を見直し、1年間レンタル先でそれぞれエバートン(イングランド)、セルタ(スペイン)で成長したFWデウロフェウ、DFラフィーニャの復帰を発表するなど、来季に向けて補強を進めている。

 バルセロナ下部組織出身のピケは、04年に17歳の若さでマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)に加入。正確なロングフィードと192センチの体格で期待されたが、トップチームでの出場機会はほとんどなく、06年サラゴサ(スペイン)へ期限付きで移籍。サラゴサで出場機会を得ると、急成長をとげて翌年マンチェスターUに復帰。リーグ戦9試合の出場にとどまったが、ファーガソン監督(当時)は同選手の将来に期待していた。

 08年夏グアルディオラ監督(当時)の強い希望もあり、古巣バルセロナへ復帰。主将プジョル、マルケスらとセンターバックで出場し、スペインのクラブ史上初の3冠を達成。08年復帰以降6年間で、3連覇を含む4度のリーグ制覇、国王杯2度、欧州チャンピオンズリーグ2度の制覇に貢献している。公式戦266試合出場、20得点。

 スペイン代表としても各年代で活躍し、A代表出場を果たした09年以降ではプジョル、セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)らとともに不動のセンターバックとして活躍。今夏W杯ブラジル大会では、10年南アフリカ大会に続く連覇を目指す。パートナーは10歳年上のコロンビア人歌手シャキーラで、13年1月に第1子が誕生している。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年5月21日のニュース