愛媛問題で村井チェアマン談話発表「フェアプレーに反する」 

[ 2014年5月21日 17:14 ]

 J2愛媛のサポーター数人が18日の讃岐戦で相手を中傷するフラッグを掲げるなどした問題で、Jリーグの村井満チェアマンは21日、「Jリーグ規約で禁止する出生や個人の思想・信条に対する行為ではなかったかもしれません。しかし、(4月に発表した)フェアプレー宣言に反する残念な行為であったのではないかとも思います」との談話を発表した。

 20日に愛媛の亀井文雄社長に事情聴取し、詳細について再報告を求めた。コメントではあらためて「報告が全てそろった時点で処分の有無も含めて検討したい」とした。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年5月21日のニュース