G大阪 米倉が決勝点 鹿島 再三の逸機が響く

[ 2014年5月21日 22:00 ]

ナビスコ杯予選A組 G大阪2―1鹿島

(5月21日 万博)
 G大阪が競り勝った。前半4分、右サイドの阿部の縦パスに反応した倉田が右足で蹴り込んで先制。後半に追い付かれたが、攻撃参加したDF米倉が35分に勝ち越し点を奪った。シュート19本と攻勢だった鹿島は再三の逸機が痛かった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年5月21日のニュース