G大阪・宇佐美 右太腿違和感 ナビスコ杯鹿島戦欠場

[ 2014年5月21日 05:30 ]

ナビスコ杯予選グループA G大阪―鹿島

(5月21日 万博)
 エース不在も総力戦でリベンジだ。G大阪は20日、大阪府吹田市内で、21日のナビスコ杯・鹿島戦(万博)に向けて非公開調整した。FW宇佐美は右太腿裏の違和感のため練習を回避。欠場が決定的となった。

 左腓骨筋腱脱臼の重傷から復帰後の1カ月で6試合に出場しており、長谷川監督は「もも裏に疲労がある。またケガをされてもいけないので」と説明。宇佐美も「自分としては行ける感じだけど大事を取った」と軽症を強調した。日本代表MF遠藤とDF今野不在に加えてエースの離脱。状況は厳しいものの、指揮官は4月のリーグ戦で完敗を喫した相手との再戦に「個の力ではなく、チーム全体でカバーして借りを返したい」と誓った。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年5月21日のニュース