日本代表 初練習 大久保 トップ下で練習

[ 2014年5月21日 19:00 ]

<日本代表指宿合宿>歓迎セレモニーで笑顔を見せる(左から)長谷部、大久保、伊野波、ザッケローニ監督、清武、大迫

 サッカーの日本代表は21日、ワールドカップ(W杯)ブラジル大会に向けて鹿児島県指宿市で合宿に入り、約2時間の初練習を行った。

 冒頭15分を報道陣に公開し、4―5―1の布陣での練習では土壇場で代表に選出された大久保(川崎)がトップ下に入った。

 チーム全体で連係した前線からの守備を復習するメニューで、ザッケローニ監督は各選手の位置取りを細かく指示した。

 合宿は25日まで行われる。この日は代表23人のうち、香川(マンチェスター・ユナイテッド)ら20選手が参加した。本田(ACミラン)長友(インテル・ミラノ)川島(スタンダール)は23日に合流する。

 日本は27日に埼玉スタジアムでの壮行試合でキプロスと対戦し、29日に米国へ出発してフロリダ州タンパ近郊で事前合宿に入る。6月2日(日本時間同3日)にコスタリカ、6日(同7日)にザンビアとの強化試合に臨む。

 5大会連続5度目のW杯出場となる日本は1次リーグC組でコートジボワール、ギリシャ、コロンビアと対戦する。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年5月21日のニュース