精力的なザック監督「時間が少ない できるだけ有効に」

[ 2014年5月21日 20:21 ]

 ザッケローニ監督は合宿初日から精力的に指導に当たった。最初のメニューだった守備の確認のためのフォーメーション練習では、内田(シャルケ)に対して1歩単位で細かく位置取りのずれを指摘。選手によると、練習を非公開とした後は、さっそく実戦形式の練習も取り入れた。

 22日からは午前と午後に2度の練習を行う予定。監督は「時間が少ないので、できるだけ有効に使いたい」と意欲たっぷりだった。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「久保建英」特集記事

2014年5月21日のニュース