ヨンアピン ホーム5連勝導く来日初弾「喜び方に戸惑った」

[ 2013年11月24日 05:30 ]

<清水・大宮>前半7分、来日初ゴールを決め喜ぶ清水のDFヨンアピン

J1第32節 清水1―0大宮

(11月23日 アイスタ)
 清水はホームで大宮を1―0で下し、ホーム5連勝を飾った。加入3年目のDFヨンアピンが来日初ゴールを決め、勝利に導いた。

 待望の瞬間は前半7分に訪れた。DF平岡が頭で流した右CKのこぼれ球に反応し、左足で押し込んで先制弾。得点を確認するとガッツポーズしながら雄叫びを上げ、スタジアムの拍手を一身に浴びた。リーグ戦出場67試合目でようやく手にした初ゴール。「素晴らしい瞬間だった。(Jリーグで)ゴールを決めたことがなかったので、どういうふうに喜んでいいか分からなかったよ」。少しおどけた27歳の言葉に充実感がにじんだ。

 この日は定位置のセンターバックではなく、左サイドバックでの出場だったが、積極的なオーバーラップで何度もチャンスを演出。攻守で存在感を見せた。賞金圏内浮上へ貴重な勝ち点3を上積みし、リーグ戦は残り2試合。頼もしい助っ人は「残り2試合で、勝ち点6をプレゼントできるように頑張りたい」と力を込めた。

続きを表示

「サッカーコラム」特集記事

「J1」特集記事

2013年11月24日のニュース